17.00 - 17.05 - FNC_UdtSerialize - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

シリアル化されたUDTを戻します。

構文規則

int
FNC_UdtSerialize (UDT_HANDLE        udt,
                  BYTE             *buffer,
                  FNC_LobLength_t   num_bytes,
                  FNC_LobLength_t  *actual_length)
UDT_HANDLE udt
UDTのハンドル。
BYTE *buffer
シリアル化されたデータを含むユーザー割り当てのバッファ。
FNC_LobLength_t num_bytes
読み取るバイト数。
FNC_LobLength_t *actual_length
バッファに書き込まれた実際のバイト数。

戻り値

  • 0 : 処理に成功した
  • -1 : 処理に失敗した

使用上の注意

この関数を呼び出す前に、次の手順を行ないます。

  1. FNC_UdtGetSerializeSizeを呼び出してシリアル化されたUDTのサイズを取得します。
  2. FNC_UdtGetSerializeSizeによって戻されたサイズを使用してシリアル化されたデータを保持するバッファを割り当てます。バッファのサイズはシリアル化されたデータすべてを保持するのに十分な大きさでなければならず、1回のFNC_UdtSerializeの呼び出しで読み込む必要があります。
  3. FNC_UdtSerializeにこのバッファを渡します。

UDTがシリアル化/非シリアル化をサポートしていない場合、この問合わせは失敗します。