17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

読み取り専用GLOPデータはいくつかのページに分割することができ、それぞれはメモリ内の現在のGLOPデータでオーバーレイできます。読み取り専用GLOPデータに対して最初にマップするページは、GLOPが追加または変更されるときに指定できます。読み取り/書き込みまたはグローバルに変更可能なGLOPデータは、1ページでのみ構成できます。そのようなGLOPのページ1の再マップにより、GLOPの元のデータ内容が再マップされます。読み取り/書き込みページの変更されたすべてのデータは破棄されます。

すべての読み取り専用ページは同じサイズであり、GLOPセット行のGLOP_Lengthフィールドに依存します。

GLOP読み取り/書き込みデータは、この呼び出しが行なわれるときにはロックしてはなりません。これは、ページの置換中に、すべてのREAD/WRITEロックをブロックする内部EXCLUSIVEロックを設定します。

注意すべきルールは、以下のとおりです。

  • 読み取り専用GLOPデータの複数のマップ インデックスで、同じ型のGLOPデータをマップすることができます。この方法では、同じGLOPデータの異なるページを同時にマップできます。GLOP_Mapテーブルではこの方法でセットアップする必要があります。これは、'RO'、'US'、または'XR' GLOPには実行できません。
  • 読み取り/書き込みGLOPのページ1マップを再ロードする場合、自動WRITEロックは、データが元の内容で再初期設定されている間は、外部ルーチンがGLOPの読み取りまたは書き込みを行なわないように設定されます。これを設計の一部として使用する場合、すべての外部ルーチンで、これが起きる可能性が認識されるようにしてください。
  • 読み取り専用GLOPデータのさまざまなページは、さまざまな外部ルーチンにより同時にマップできます。