17.00 - 17.05 - FNC_GetDatasetResultLob - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このルーチンでは、DATASETデータをDATASETインスタンスに関連付けられたLOBに書き込むことができます。

構文規則

void
FNC_GetDatasetResultLob( DATASET_HANDLE        datasetHandle,
                         LOB_RESULT_LOCATOR*   instance  )
DATASET_HANDLE datasetHandle
外部ルーチンへの入力パラメータに定義されているDATASETデータ型インスタンスへのハンドル。
LOB_RESULT_LOCATOR* instance
DATASETインスタンスのLOBデータの書き込みに使用するLOB_RESULT_LOCATORへのポインタ。

使用上の注意

DATASETデータがLOBとして保存される場合のみ、FNC_GetDatasetResultLobを使用します。FNC_GetDatasetInfoがdataLob > 0を返す場合、FNC_GetDatasetResultLobを使用できます。その他の場合は、代わりにFNC_SetInternalValueを使用する必要があります。

取得されたLOB_RESULT_LOCATORは、このLOBへの書き込みを許可するすべてのLOB FNCルーチンとともに使用することができます。

Avroインスタンスの場合、このルーチンはNULLで終端するUTF-8エンコード スキーマ、その後にバイナリ コード化されたAvro値をバッファに書き込むことができるLOB_RESULT_LOCATORを返します。これは、変換形式と同じです。この形式でデータの書き込みに失敗すると、エラーが発生します。

CSV値の場合、値は結果LOBに書き込まれますが、オプションのスキーマは含まれません。