17.00 - 17.05 - TD_ANYTYPEパラメータに関連付けられた情報へのアクセス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

TeradataのFNC_GetAnyTypeParamInfoライブラリ関数を使用すると、ルーチン内で定義した各TD_ANYTYPE入力パラメータおよび出力パラメータについての情報にアクセスできます。FNC_GetAnyTypeParamInfoは、このパラメータについて次の情報を返します。

  • パラメータの位置的インデックス
  • パラメータのデータ型
  • パラメータが、入力パラメータ、出力パラメータ、またはINOUTパラメータのいずれであるか
  • データ型の最大長(バイト単位)
  • DECIMAL(n,n)のmの値、またはINTERVALデータ型の精度。例えば、次のようになります。

    INTERVAL DAY(p) TO SECOND(p)のnの値

  • DECIMAL(m,n)型のmの値、またはTIME、TIMESTAMP、およびINTERVALデータ型の小数秒の精度。例えば、次のようになります。

    TIME(n)、またはINTERVAL DAY(n) TO SECOND(p)のnの値

  • CHARACTERデータ型に関連付けられたサーバーの文字セット
  • データ型の名前(パラメータがUDTの場合)
  • その型がUDTであるかどうかを示し、UDTである場合はその種類を示す識別子
  • TD_ANYTYPE結果パラメータの戻り値の型
  • TD_ANYTYPEパラメータの数

FNC_GetAnyTypeParamInfoの詳細については、FNC_GetAnyTypeParamInfoを参照してください。