17.00 - 17.05 - context - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このコマンドは、デバッガへの後続のコマンドが動作するスレッドを指定します。

構文規則

context all
context thread-selectors [...]

ここで、構文要素thread-selectorsは、デバッグ中の1つ以上のUDFスレッドを選択する文字列を指定します。

使用上の注意

1つ以上の特定のスレッドを指定できます。または、すべてのスレッドを指定して現在アクティブなすべてのスレッドを含めることができます。contextに複数のスレッドが含まれる場合、コマンドはこれらすべてのスレッド上で順次実行されます。各スレッドの出力には、スレッドを識別する行、その後にコマンド関連情報の行が表示されます。ブレークポイントまたは他の例外によってスレッドが停止すると、コンテキストはデフォルトによりそのスレッドに戻って、そのスレッドを現在のコンテキストにします。

@コマンドの同義語としてcontextを使用できます。contextを使用する場合は、略さずに入力する必要があります。