17.00 - 17.05 - GLOPデータ システム ストアド プロシージャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBCExtensionデータベースには、GLOPデータを操作するためのストアド プロシージャが4つあります。DBCExtensionデータベースおよびストアド プロシージャは、データベース初期化プログラム(DIP)ユーティリティを使用し、DIPGLOPスクリプトを実行して作成されます。

DBCExtensionデータベース内のGLOPデータ システム テーブルを操作するには、ストアド プロシージャを使用してください。

ストアド プロシージャ 説明
DBCExtension.GLOP_Add GLOPデータおよびGLOPマッピングをGLOPセットに追加します。

詳細は、DBCExtension.GLOP_Addストアド プロシージャを参照してください。

DBCExtension.GLOP_Change GLOPデータおよびいくつかの設定を変更します。

詳細は、DBCExtension.GLOP_Changeストアド プロシージャを参照してください。

DBCExtension.GLOP_Remove GLOPセットを削除したり、GLOPセットから個々のコンポーネントを削除します。

詳細は、DBCExtension.GLOP_Removeストアド プロシージャを参照してください。

DBCExtension.GLOP_Report 特定のGLOPセットまたはすべてのGLOPセットに関する特定の情報を出力します。

詳細は、DBCExtension.GLOP_Reportストアド プロシージャを参照してください。