17.00 - 17.05 - 反復実行間でデータを保持するテーブルUDF - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルUDFでは、中間記憶域を使用して反復実行間でデータを保持することができます。

TBL_PRE_INITフェーズでは、テーブル関数は通常、com.teradata.fnc.Tbl.allocCtx()を呼び出して中間記憶域を割り当て、テーブル関数が保持するデータの格納に使用するクラスの初期化済みのインスタンスに渡します。その後のフェーズでは、テーブル関数がcom.teradata.fnc.Tbl.setCtxObject()を呼び出して以前割り当てた中間記憶域にデータを書き出し、com.teradata.fnc.Tbl.getCtxObject()を呼び出してデータを取り出し、処理を継続します。