17.00 - 17.05 - FNC_GetPhaseExの使用例2 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
FNC_GetPhaseExオプションを使用すると、次のような状況で、テーブルのフェーズ遷移の回数を減らしてテーブル関数のパフォーマンスを向上できます。
  • 1:1 (1行入力:1行出力)処理モードでは、TBL_NEWROWオプションを使用して、TBL_BUILD呼び出しごとに新しい行を取得します。
    FNC_Mode mode = FNC_GetPhaseEx(&thePhase, TBL_NEWROW);
  • 1:M (1行入力: 複数行出力)処理モードでは、TBL_NEWROWEOFオプションを使用して、EOFの合図が送られたときに新しい行を取得します。
    FNC_Mode mode = FNC_GetPhaseEx(&thePhase, TBL_NEWROWEOF);
  • M:1 (複数行入力: 1行出力)処理モードは、次のように使用します。
    FNC_Mode mode = FNC_GetPhaseEx(&thePhase, TBL_LASTROW | TBL_NEWROW);

    M:1と1:Mを組み合わせた処理モードは、次のように使用します。これは、EOFまで新しい行を渡しません。

    FNC_Mode mode = FNC_GetPhaseEx(&thePhase, TBL_LASTROW | TBL_NEWROWEOF);