17.00 - 17.05 - udfGPLライブラリのインストール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
teradata-udfgplパッケージをインストールする前にRインタープリタをインストールする必要があります。

TDRは、RとAdvanced SQL Engineとの間のRパッケージ インターフェイスです。teradata-udfgplパッケージには、TDRとudfGPLライブラリの両方が含まれています。TDBMSの各バージョンには、このパッケージの互換バージョンがあります。

ctlユーティリティにはこのオプション パッケージが掲載されていません。PUTを使用して個別にインストールする必要があります。PUTまたはrpmツールを使用したパッケージのインストールを参照してください。

TDRはAdvanced SQL Engineデータベース バージョンの変更時にコンパイルされ、インストールされます。また、実行されているTDBMSがudfGPLのバージョンと一致する場合はrpmのインストール中にインストールされます。

Rテーブル演算子はudfGPLセキュア サーバーを使用します。cufconfig GDO(Globally Distributed Object)のGPLUDFServerMemSizeフィールドはudfGPLサーバーのメモリを制限するのに使用します。この制限はデフォルトで32MBに設定されていますが、制限は0~3.5 GBに設定できます。使用可能な最大メモリを使用するには、GPLUDFServerMemSizeを0に設定します。

詳細については、<udfGPLサーバー メモリ制限の構成>を参照してください。