17.00 - 17.05 - 手順 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. オン デマンドで使用するモジュールのクラスまたはアーカイブを、各ノード上の既知の同一ディレクトリにコピーします。

    例えば、Linuxシステムの各ノード上の/java/MyClassesに、アーカイブ ファイルmyclasses.jarをコピーするとします。

  2. cufconfigユーティリティを使用して、アーカイブまたはクラスを含めるように、JVMのクラス パスを構成します。
    1. 次のテキストを含む、テキスト ファイルを作成します。
      -cp <path1>

      <path1>は、アーカイブまたはクラスへのパスになります。

      例えば、/tmpディレクトリに、次のテキストを含むjvmenv.txtというテキスト ファイルを作成できます。

      -cp /java/MyClasses/myclasses.jar
    2. テキスト ファイルに対して適切なアクセス権限を設定します。
      chmod 666 jvmenv.txt
    3. 次のテキストを含む、もう1つのテキスト ファイルを作成します。
      JavaEnvFile:<path2>

      <path2>は、以前作成したテキスト ファイルへのパスと名前になります。

      例えば、次のテキストを含むcuf.txtというテキスト ファイルを作成できます。

      JavaEnvFile:/tmp/jvmenv.txt
    4. cufconfigユーティリティの-fオプションを使用して、前の手順で作成したファイルの名前を指定します。例えば、次のようになります。
      cufconfig -f cuf.txt
  3. cufconfigユーティリティの-oオプションを使用して、変更を確認します。
    cufconfig -o
  4. 次のコマンドを使用して、データベースを再始動し、変更を反映させます。
    tpareset -y

cufconfigおよびtparesetの詳細は、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。