17.00 - 17.05 - FNC_TblOpGetBaseInfo - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

UDTまたは複合データ型(CDT)の基本型または属性型に関する情報を取得します。

構文

void
FNC_TblOpGetBaseInfo(FNC_TblOpColumnDef_t *colDefs,
                     UDT_BaseInfo_t       *baseInfo)
FNC_TblOpColumnDef_t *colDefs
テーブル演算子から渡されたまたは返されたストリームの列定義に関する情報を含む構造体へのポインタ。この構造体のサイズは、テーブルの属性数によって異なります。これは入力パラメータです。
UDT_BaseInfo_t *baseinfo
各エントリにUDT列またはCDT列の説明に必要なメタデータが含まれている、構造体の配列へのポインタ。この構造体のサイズは、テーブルの列数によって異なります。列がSTRUCTURED型UDTである場合(STRUCTURED型UDTである属性の有無は関係なし)、属性に関するメタデータはFNC_TblOpGetStructuredAttributeInfoへの後続の呼び出しによって取得されます。
これは出力パラメータです。

使用上の注意

このルーチンはテーブル演算子でのみサポートされ、UDT型または複合型が入力列として渡される、または出力列として返されるようにすることができます。

このルーチンでは、次のUDTとCDTがサポートされています:
  • ARRAY/VARRAY
  • DATASET
  • DISTINCT型UDTとSTRUCTURED型UDT
  • Geospatialタイプ: ST_Geometry、MBR、MBB
  • JSON
  • PERIOD型
  • XML
UDT_BaseInfo_t構造のbase_*フィールドは、STRUCTURED型UDTに対し入力されません。STRUCTURED型UDTには多くの属性が含まれ、ネストの任意レベルも含まれていることがあるため、STRUCTURED型UDTの属性に関するメタデータはFNC_TblOpGetStructuredAttributeInfoを使用して取得されます。FNC_TblOpGetStructuredAttributeInfoルーチンは、STRUCTURED型UDTのすべての属性に対応するattribute_info_t構造の配列を返します。

FNC_TblOpColumnDef_t構造およびUDT_BaseInfo_t構造の詳細については、テーブル演算子のデータ構造を参照してください。