17.00 - 17.05 - 手順の概要 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

プロシージャ

以下に、UDMの開発、コンパイル、インストール、および使用の手順の概要を示します。

  1. UDM用のCまたはC++コードを作成し、テストとデバッグを行ないます。

    データベース用の拡張機能を含むバージョンのGDB(GNU Source-Level Debugger)であるTeradata C/C++ UDF Debuggerを使用できます。詳細については、UDFのデバッグ用C/C++コマンド ラインを参照してください。

  2. CREATE TYPEを使用して、UDTを作成し、コンストラクタ メソッドとインスタンス メソッドを指定します。
    書式 CREATE TYPE文中で使用するMETHODの指定
    インスタンス メソッド INSTANCE METHODまたはMETHOD
    STRUCTURED型のコンストラクタ メソッド CONSTRUCTOR METHOD
  3. CREATE METHOD文またはREPLACE METHOD文を使用して、ソース コードまたはオブジェクトの場所を指定し、それをサーバー上にインストールします。
    一般に、SYSLIBやSYSUDTLIBなどのTeradataシステム データベースでは、UDMを作成しません。詳細については、UDMのインストールを参照してください。

    ソース コードが発行されると、メソッドがコンパイルされ、メソッドの属するデータベースに関連するダイナミック リンク ライブラリ(DLLまたはSO)とリンクされ、システム内のデータベースのすべてのノードに配布されます。

  4. UDMがSTRUCTURED型UDT用の変換、整列、またはキャストの機能を提供するインスタンス メソッドである場合は、変換、整列、またはキャストのルーチンとしてUDMを登録します。そうでない場合は、次のステップにスキップします。
    UDMがUDT用に実装する機能 UDMの登録に使用する文
    キャスト CREATE CASTまたはREPLACE CAST
    整列 CREATE ORDERINGまたはREPLACE ORDERING
    変換 CREATE TRANSFORMまたはREPLACE TRANSFORM
  5. UDMが正しく動作することが確認できるまで、保護実行モードでUDMをテストします。

    保護モードは、UDMのデフォルトの実行モードです。保護モードの場合、データベースは、UDMがアクセスするすべてのデータを、独自のローカル ワークスペース内の別個のプロセスとして分離します。そのため、メソッドの実行速度は遅くなります。メモリ違反などのシステム エラーが発生した場合、エラーは、メソッドとそのメソッドを実行しているトランザクションに限定されます。

  6. ALTER METHODを使用して、非保護実行モードで実行するようUDMを変更します。
  7. ステップ5以降のテストを再実行し、正しい動作を確認できるまで非保護実行モードでUDMをテストします。
  8. GRANTを使用して、そのUDTの使用を許可されているユーザーに権限を付与します。

関連トピック

詳細情報 参照先
UDMの開発 このドキュメント内の該当するトピック。
UDMのデバッグ UDMのデバッグ
UDMのコード サンプル UDMのサンプル コード
  • CREATE CAST
  • CREATE METHOD
  • CREATE ORDERING
  • CREATE TRANSFORM
  • CREATE TYPE
  • REPLACE CAST
  • REPLACE METHOD
  • REPLACE ORDERING
  • REPLACE TRANSFORM
  • このドキュメント内の該当するトピック。
  • Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144