17.00 - 17.05 - allocCtx(java.lang.Object tblCtxObj) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

このメソッドは、直列化サイズのtblCtxObjにより最初にテーブル関数コンテキストを初期設定します。

UDFは、テーブル関数コンテキストをスクラッチパッドとして使用し、ローカル テーブル関数コピーが反復実行される間もデータを保持することができます。

引数

tblCtxObjにオブジェクト タイプ フィールドがある場合、UDFは、allocCtx()を呼び出す前に、これらのフィールドを非NULL値に初期設定する必要があります。tblCtxObjに配列型フィールドがある場合、UDFは、allocCtx()を呼び出す前に、配列自体および配列の各要素を非NULL値に初期設定する必要があります。

tblCtxObjの最大サイズは64 KBです。