17.00 - 17.05 - 戻り値 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

FNC_Get_QueryBandPairsは、FNC_QB_Pair_t構造体を指すポインタを戻します。

FNC_QB_Pair_tはsqltypes_td.hで定義され、次のメンバーを含みます。

メンバー 指定内容
QBName クエリー バンド名
QBValue クエリー バンドの値

UDFの文字セットは、関数を作成するユーザーの文字セットによって決まります。したがって、UDFを作成する際にLATINの文字セットがある場合、UDFにはLATINの文字セットが含まれます。UDFを作成するユーザーがUNICODEの文字セットを持っている場合、UDFにはUNICODEの文字セットがあります。FNC_GetQueryBandPairsは、入力文字パラメータが関数文字セット内にあると見なし、同じ文字セット内の出力パラメータを返します。

FNC_GetQueryBandPairsは、戻りの構造体にローカル記憶域を割り当てます。 戻されたペアの数がゼロより大きい場合、UDF、UDM、または外部ストアド プロシージャはFNC_freeを呼び出して、終了前に戻りの構造体を解放する必要があります。