17.00 - 17.05 - 構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
void
FNC_GetQueryBandValueU ( void            *QBandBuf,
                         FNC_QBSearch_et SearchType, 
                         void            *QBName,
                         void            *QBValue, 
                         word            QBCharType,
                         word            NameCharType);
void *QBandBuf
クエリー バンドを含むバッファを指すポインタ。クエリー バンドは以下の方法で指定されます。
  • FNC_GetQueryBandUによって返される
  • DBC.DBQLogTbl.QueryBand列から取得される
  • 呼び出し側によって指定される
FNC_QBSearch_et SearchType
FNC_GetQueryBandValue(またはFNC_GetQueryBandValueU)が、QBNameによって指定される名前のクエリー バンド文字列で、トランザクション、セッション、プロファイルの名前/値ペアを検索するかどうかが指定されます。
FNC_QBSearch_etはsqltypes_td.hで定義され、次の値を含みます。
  • QB_FIRSTは、最初の名前/値ペアの値を戻すよう、指定します。名前は、QBName入力引数によって指定されます。クエリー バンド文字列にトランザクション、セッション、プロファイルの名前/値ペアが含まれる場合、FNC_GetQueryBandValue(またはFNC_GetQueryBandValueU)は、次の順番で名前/値ペアを検索します。
    • トランザクション用クエリー バンド
    • セッション用クエリー バンド
    • プロファイル用クエリー バンド
  • QB_TXNは、クエリー バンドでトランザクション名/値ペアを検索し、QBName入力引数によって指定される名前についての値を戻すよう、指定します。
  • QB_SESSIONは、クエリー バンドでセッション名/値ペアを検索し、QBName入力引数によって指定される名前についての値を戻すよう、指定します。
  • QB_PROFILEを指定すると、クエリー バンドでプロファイル名/値ペアを検索し、QBName入力引数によって指定される名前についての値を戻します。
void *QBName
値を戻す名前/値ペアの中の名前。
void *QBValue
FNC_GetQueryBandValue(またはFNC_GetQueryBandValueU)がQBNameによって指定される名前に対応する値を戻すバッファを指すポインタ。
バッファは、値に加えてNULL終了子を戻すのに十分な大きさでなければなりません。
word QBCharType
QBandBufのクエリー バンド文字列の文字セット。
サポートされる値:
  • 1 (LATIN)
  • 2 (UNICODE)
word NameCharType
QBNameのクエリー バンド名の文字セット。
サポートされる値:
  • 1 (LATIN)
  • 2 (UNICODE)