17.00 - 17.05 - tdr.tracestring - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

SET SESSION FUNCTION TRACE文で設定されたトレース文字列の現在の設定を返します。

構文

tdr.tracestring()

戻り値

SET SESSION FUNCTION TRACE文によって設定された文字列を含む文字ベクトル。

関連トピック

SET SESSION FUNCTION TRACEの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。