17.00 - 17.05 - UDTのための機能を実装する関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDTのためのキャスト、整列、または変換の機能を提供する関数は、特定の要件を満たす必要があります。

呼び出し側 関数での規則 C/C++関数
STRUCTURED 別のUDTまたは事前定義型からそのUDTにキャストする機能 入力引数の値を使用して、UDTの結果の属性値を設定する。
そのUDTから別のUDTまたは事前定義型にキャストする機能 UDT入力引数の属性値を使用して、結果の値を設定する。
そのUDTをサーバーにインポートするための変換機能 事前定義型入力引数の値を、UDTの結果の属性値に変換する。
サーバーからUDTをエクスポートするための変換機能 UDTの属性値を、事前定義型の結果に適した値に変換する。
2つのUDTを比較するための整列機能 UDTの属性値を使用して、結果を、Teradata Databaseで比較に使用される値に設定する。
DISTINCT 別のUDTまたは事前定義型からそのUDTにキャストする機能 入力引数の値を使用して、UDTの結果の値を設定する。
そのUDTから別のUDTまたは事前定義型にキャストする機能 UDT入力引数の値を使用して、結果の値を設定する。
そのUDTをサーバーにインポートするための変換機能 事前定義型入力引数の値を、UDTの結果の値に変換する。
サーバーからUDTをエクスポートするための変換機能 UDTの値を、事前定義型の結果に適した値に変換する。
2つのUDTを比較するための整列機能 UDTの値を使用して、結果を、Teradata Databaseで比較に使用される値に設定する。

DISTINCT型とその事前定義ソース型の間のキャスト機能は、Teradata Databaseによって自動的に生成されます。DISTINCT型と、その他の事前定義データ型またはUDTとの間のキャストのために、付加的な関数を作成することができます。

変換、キャスト、および整列の機能は、DISTINCT型の作成時にTeradata Databaseによって自動的に生成されますが、この機能を除去して独自の機能を用意することもできます。ソース データ型がLOBの場合には、Teradata DatabaseはDISTINCT型UDTの整列機能を自動生成しないことに注意してください。