17.00 - 17.05 - C/C++関数名 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

CまたはC++ソース コードで使用する関数の名前はCの関数命名ルールに従い、さらにTeradata Databaseのオブジェクト命名ルールに従うという制限が適用されます。オブジェクト命名の詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。

C++では、関数名がC++オーバーロード名に変換されないようにするために、関数定義の先頭にextern "C"を記述する必要があります。例えば、次のようになります。

extern "C" 
void getregion( VARCHAR_LATIN *region, char sqlstate[6])
{
   ...
}

この関数は、C++で作成されたすべてのモジュールを呼び出すことができます。

CREATE PROCEDURE文またはREPLACE PROCEDURE文を使用して外部ストアド プロシージャをインストールする際には、CまたはC++の関数名を指定します。詳細は、C/C++関数名の指定を参照してください。

Linuxでは、長い名前を使用すると外部ストアド プロシージャのインストール時にエラーが発生することがあります。詳細は、Argument list too longを参照してください。