17.00 - 17.05 - 例: DISTINCTパラメータ データ型を持つオーバーロード関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の2つのC関数、I_SalesおよびD_Salesがあるとします。

void I_Sales( INTEGER *quantity,
              INTEGER *result,
              char    sqlstate[6] )
{
     ...
}
 
void D_Sales( DECIMAL8 *quantity,
              INTEGER  *result,
              char     sqlstate[6] )
{
     ...
}

I_SalesのquantityパラメータとD_Salesのquantityパラメータとが異なるため、I_SalesのCREATE FUNCTION文とD_SalesのCREATE FUNCTION文では、同じ名前を使用できます。

関数名Salesをオーバーロードする2つのSQL関数定義を以下に示します。

CREATE FUNCTION Sales(Quantity DECIMAL(15,6))
RETURNS INTEGER
SPECIFIC D_Sales
LANGUAGE C
NO SQL
PARAMETER STYLE TD_GENERAL
EXTERNAL;
   
CREATE FUNCTION Sales(Quantity INTEGER)
RETURNS INTEGER
SPECIFIC I_Sales
LANGUAGE C
NO SQL
PARAMETER STYLE TD_GENERAL
EXTERNAL;