17.00 - 17.05 - 集約UDFのメソッド シグネチャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
import com.teradata.fnc.*;
import java.io.*;
import java.sql.*;

public class  class_name  {

   ...

   public static  result_type   method_name  ( Phase  phase,
                                           Context[]  context,
                                           type_1      input_param_1,
                                           ...,
                                           type_n      input_param_n)
   {
        ...
   }
}

説明

戻り値型/パラメータ 指定内容
result_type 対応するCREATE FUNCTION文のRETURNS句の中で、SQLデータ型に対応するJavaプリミティブまたはクラス。
com.teradata.fnc.Phase phase Teradata Databaseが現在の集約フェーズで受け渡す必須パラメータ。集約フェーズは、メソッドにおいて渡されたデータを処理する方法を決定します。

フェーズ クラスの詳細については、com.teradata.fnc.Phaseを参照してください。

com.teradata.fnc.Context[] context 中間記憶域へアクセスし、さまざまな集約フェーズで受け渡されたデータを組み合わせる方法をメソッドに提供する必須パラメータ。

コンテキスト クラスの詳細については、com.teradata.fnc.Contextを参照してください。

type_n input_param_n 入力パラメータ。nはCREATE FUNCTION定義に含まれるパラメータの数です。n = 0なら、入力パラメータはありません。この型は、Javaプリミティブか、入力引数のSQLデータ型に対応するクラスです。

入力パラメータの数は最大128個です。