17.00 - 17.05 - scope - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このコマンドは、UDFが続行されるときに、ブレークポイントをインストールするUDFインスタンスを選択します。

構文規則

scope all
scope thread-selectors [...]

ここで、構文要素thread-selectorsは、デバッグ中の1つ以上のUDFスレッドを選択する文字列を指定します。

デフォルトのscope allはブレークポイントをすべてのインスタンスに適用します。

使用上の注意

ブレークポイントの範囲は、設定対象のUDFを呼び出す間にだけ適用されます。範囲内にUDFが存在する場合、そのUDFは範囲から削除されます。範囲内にすべてのUDFが存在する場合、範囲はallにリセットされます。

同じスレッド セレクタの新しいUDFは、前に設定された範囲を継承しません。ブレークポイントを特定のUDFに限定する場合、対象となるUDFの1つに範囲を設定するよりも、複数のUDFの実行を一時停止した方がうまく機能することがあります。