17.00 - 17.05 - GLOPデータについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

GLOPデータとは、外部ルーチンに使用可能なメモリ上にマップされたファイルの一種で、その外部ルーチンでは1回の呼び出しの存続期間を超えてデータが持続します。

持続性および特定の外部ルーチンに公開されるデータは、ロールやユーザー アカウントといった特定の境界に基づいています。

例えば、ユーザー アカウントを基にしたGLOPデータについて考えてみましょう。外部ルーチンがアクセスするデータは、その外部ルーチンを呼び出すユーザーに基づきます。ユーザーがログ オフするまで、外部ルーチンはそのデータを使用できます。

DBCExtensionシステム データベースでストアド プロシージャを使用する場合、GLOPデータ(BLOBとして)を特定の仕様のシステム テーブル(さらにDBCExtensionデータベース)に置きます。このテーブルのデータはすべてのノード上のメモリで使用可能であり、データを使用するために適切に構成されている外部ルーチンに公開されます。