17.00 - 17.05 - FNC_GetHashAmp - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

データを受け取り、そのキーに必要なAMPを決定します。

構文規則

int
FNC_GetHashAmp(FNC_HashRow_t *data,
               int            size,
               int           *retCode)
FNC_HashRow_t *data
INパラメータ
テーブルの列を表わす構造体の配列へのポインタ。
FNC_HashRow_tは次のように定義されます。
typedef struct {
   void *data;
   parm_tx type;
} FNC_HashRow_t;
int size
INパラメータ
データおよび返される配列のサイズ。
int *retCode
OUTパラメータ
成功またはエラーの番号を示す整数値へのポインタ。0は成功を示します。

戻り値

そのキーを処理するAMPの番号を表わす整数。

使用上の注意

このルーチンは、PE vprocでテーブル演算子によってのみ呼び出し可能です。