17.00 - 17.05 - 例: パッケージのバックアップ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ここでは、バージョン1.0のlibcstd2.soというパッケージと、そのパッケージをTeradataサーバーにインストールするために関連付けられたCREATE文をバックアップする方法の例を示します。

lobteq << EOF

.logon slugger/adm455,sn6Y24

.using 'cstdlib2_DDL.txt'xfile 'libcstd2.so'xfile
USING (a CLOB AS DEFERRED, b CLOB AS DEFERRED)
CALL SYSLIB.savepkg('cstdlib2','1.0','SYSLIB','UP', :a,
   'libcstd2.so', :b, out1);

EOF

cstdlib2_DDL.txtファイルのCREATE文は、次のようになります。

CREATE FUNCTION SYSLIB.cSTD_DEV(x FLOAT)
RETURNS FLOAT
CLASS AGGREGATE
LANGUAGE C
NO SQL
PARAMETER STYLE SQL
EXTERNAL NAME 'SP!/Teradata/dem/udfs/libcstd2.so';